• 初日3日間人気プロ雀士登壇舞台挨拶 決定!
  • 麻雀プロ感想コメント続々!
2022年11月18日(金)シネマート新宿にて公開中 連日満席につき、上映延長決定!

映画『麻雀最強戦 the movie』

たった一人の最強位をめぐる、執念と因縁。敗者たちが「最強戦」を語る、心震わすドキュメンタリー。
2022年11月18日(金)シネマート新宿にて公開中 連日満席につき、上映延長決定!

魂の一打。運命の一牌。

たった1人の最強位。讃えるべき無数の敗者たち。

32年の歴史を持つ、日本最大級の麻雀トーナメント、
麻雀最強戦。人生を賭けて「最強位」を目指す、
雀士たちの生き様が観る者の胸を打つ、
卓上のドキュメンタリー。

多井隆晴×瀬戸熊直樹

麻雀界を牽引する盟友同士の執念と因縁のドラマ

「最強位」の称号を手にするものは誰か!?
プロ、アマ問わず、全国の猛者たちが、一年を通して頂点を目指す、日本最大級の麻雀トーナメント、麻雀最強戦。

2021年12月、勝ち上がってきた精鋭15名は、最強位の称号を目指し、ファイナルトーナメントに挑む。昨年の覇者、多井隆晴プロと歴代最強位のインタビューを基に、今注目の雀士たちが、これまでの戦いを振り返る。

出場者は、この一戦にどんな気持ちで望んでいるのか?  そこは、まさに人生十色。運のみで勝ち上がったと謙遜する者、麻雀界の未来を憂う者。成り上がり、人生の大逆転を狙う者、リベンジの為に全てを投げ売った者など様々な思いを抱えていた。卓上は、静かなゲーム展開とは相反して、熱い情念が渦巻いていたのだ。

ついに決勝戦。4名のファイナリストの最後の戦い。麻雀ファンや先輩雀士は、ファイナリストたちをどのように観ていたのか?
命運を分けた一打には、どんな思惑があったのか?スリリングな心理戦が描写され、観客は新たな発見に驚くことになる。

かつて、阿佐田哲也は、「全勝を目指しちゃいけない。人生そんなに上手くゆくわけはないし、全勝を目指す人は、弱いところがある。1敗しただけなのに折れちゃうことがあるんだ。人生、適当に負けることが大事さ」という名言を残した。

「最強位」を手にしたものは、阿佐田哲也の言葉通り、敗者から復活した者なのか? はたまた負けを知らず全勝を通した強者か?  いずれにしろ、小さな卓上で、繰り広げられた熱い戦いには、雀士たちの生き様が色濃く映り、観る者に感動を与えるのだった……。

特報
予告編

COMMENTS

感動が蘇りました。
普段は観られない準備のシーンも印象的でした。
出場選手の胸の内が聞けたり、
瀬戸熊さんと多井さんの絆は、羨ましくてもはや妬けますね…
自分のシーンは、落ち着いて観ていられませんでした。

近藤誠一(最高位戦日本プロ麻雀協会/Mリーグ セガサミーフェニックス)

オープニングから、わくわくしました。
あらためて、この最強戦はたくさんの人達の想いで
作られた物語なんだと再認識しました。
更に繋げて紡いでいけるよう、頑張りたいと思います。出演させていただき、ありがとうございました。

仲田加南(日本プロ麻雀連盟)

「麻雀は人生の縮図」とか
「打ち手を写す鏡」と言われる事がある。
主役の瀬戸熊プロの魂を、
麻雀という競技の大いなる可能性を改めて感じる事ができた。
麻雀を知ったばかりの人には映画を見てもらう事によって選手の想い、
麻雀プロの生き様をより深い所まで知る事が出来て胸が熱くなると思う。
まだ道の途中。
私も麻雀プロとしてまたこの舞台に帰ってきたい。

大和(日本プロ麻雀連盟)

麻雀には流れも風も無いかもしれません。
でも人生には流れも風もあるに違いない。
そう思わせてくれる瀬戸熊さんと多井さんの物語でした。

ようへい(日本プロ麻雀協会)

昨年、奇しくも伝説の一局の立役者となった私。
今回の『麻雀最強戦 the movie』、一瞬でも映っていたら
「映画に出た」と周囲に触れ回ろうと注目して見ておりました。
が、最終的にはその内容の濃さ、最強戦・最強位を舞台にした
プロたちの鬼気迫る息遣いと人間ドラマに釘付けになってしまいました。
麻雀を知らない人・麻雀プロという世界に詳しくない人にこそ
見てほしい作品になっております。結局喧伝して回ることになりそうです。
ちなみに私は一瞬たりとも映っていませんでした。

渡邉浩史郎(日本プロ麻雀連盟)

瀬戸熊最強位や多井プロを中心に、選手の思いが語られた作品。
この作品で麻雀の持つ素晴らしさがわかるといっても過言ではありません。
とにかく感動しました!麻雀好きな方はもちろん、麻雀を知らない方にもオススメしたい作品です。

古本和宏 (日本プロ麻雀連盟)

感動しました!瀬戸熊さんカッコイイ!!
麻雀最強戦には毎年、本当に現実の話しなのって
おもうようなドラマがうまれる凄さとこれを観たら
麻雀を知らない人も知ってる人も麻雀をやりたくなるし好きになります。
最強戦という日本一を決める大会の全てが詰まっている映画でした。
そして私もこの舞台に一生挑戦したくなりました。

蒼井ゆりか (日本プロ麻雀連盟)

瀬戸熊さんの優勝に運命めいたものを感じました。
多井さんとの関係がとても美しくて泣けます。
多井さんが負けた直後のインタビューが
一番の見所かも知れません(笑)

西嶋千春(最高位戦日本プロ麻雀協会)

毎年、多くのドラマが生まれる最強戦。
今まであまり語られることがなかった出場者の舞台裏が垣間見え、
2021ファイナルを見た方はもちろん、まだ見られていない方も
充分楽しめる仕上がりになっていました。

増田隆一(日本プロ麻雀連盟)

この度映画を観劇させていただき、
麻雀最強戦に関わった皆様の情熱を濃密な時間の中で感じることができて
とても素敵な時間を過ごさせていただきました。
いつか自分もこの舞台に出て、観戦している方に
同じ感動を提供できるようなプロになりたい!と情熱をいただける映画でした!

夏目翠(日本プロ麻雀連盟)

事実は小説よりも奇なり。
麻雀最強戦2021は、まるで映画のような結末を迎えた。
誰もが感動したあの闘い、そして最強戦に懸ける雀士たちの想い。
いつかあの舞台に立ちたい。
その想いを強くさせてくれる夢と希望に満ちた作品である。

高橋慧(日本プロ麻雀連盟)

「それぞれの想いがドラマを生む」

たった一人の最強位
讃えるべき無数の敗者たち。

こう書かれたパンフレット。
私もプロと名乗るようになり10年が経った。
その間、当然のように多数の敗北を経験している。惜しくも敗れた試合、あっけなく負けた試合。その経験があるからこそ、敗者たちの言葉が胸を打つ。全ての言葉に共感を覚える。
そしてその敗者たちの言葉、想いが、一人の勝者をより輝かせる。
「麻雀最強戦 the movie」ではそこがはっきりと描かれており、プロのみならず全ての麻雀打ちに観て欲しい映画となっている。
ドキュメンタリーゆえ一度観たシーンも多かったが、気持ちの昂りが抑えられず目頭が熱くなったのは私だけではないはず。

樋口徹(日本プロ麻雀連盟)

NEWS

2022.10.17

予告編をアップしました。

2022.09.28

特報映像をアップしました。

特報映像
2022.09.28

劇場情報を追加アップしました。

THEATERS

※上映時間および詳細は、各劇場にお問い合わせください。
劇場情報は随時更新いたします。

東京

東京
シネマート新宿2022年11月18日〜

連日満席につき、上映延長決定!

関東

栃木
小山シネマロブレ2023年2月3日〜
宇都宮ヒカリ座2023年2月17日〜

中部

愛知
シネマスコーレ2022年12月3日〜

近畿

京都
出町座2022年12月2日〜
大阪
シアターセブン2022年12月3日〜
兵庫
シネマ神戸2022年12月3日〜
MENUCLOSE